花粉の時期の適切な洗車方法とは

花粉の時期の適切な洗車方法とは 洗車
スポンサーリンク

花粉の時期に車を洗車する際には、いくつかの特別な注意が必要です。花粉は車の塗装面に付着しやすく、そのままにしておくと塗装が損なわれることがあります。以下に花粉の時期におすすめの洗車方法を紹介します。

洗車前の準備

  1. 予測: 花粉の飛散状況を把握し、飛散が少ない日を選んで洗車を行います。
  2. カバー: 駐車する際は、できるだけカバーをかけて花粉の付着を防ぎます。

予洗い

  1. 低圧水流: 高圧洗浄機ではなく、低圧の水流を使用して、車体についた花粉をやさしく流し去ります。
  2. 水の温度: ぬるま湯を使用すると、花粉が溶けて落ちやすくなります。

本洗い

  1. 洗剤の選択: 花粉に効果的なカーシャンプーを選びます。市販されている「花粉対策」や「コーティング効果」がある洗剤がおすすめです。
  2. ソフトな道具: スポンジやウォッシュミットはソフトなものを選び、車体を傷つけないように注意します。
  3. パネルごとに洗う: 車体をセクション分けして、一部分ずつ丁寧に洗いましょう。
  4. 順序: 上部から下部へ、前から後ろへと洗う順序を守ります。

すすぎ

  1. しっかりすすぐ: 洗剤が残らないように、しっかりと水ですすぎます。特に、花粉が洗剤と混ざって塗装に影響を与えないようにします。

乾燥

  1. マイクロファイバータオル: 水分を吸収しやすいマイクロファイバータオルで水滴を拭き取ります。タオルを車体に置いて押し当てるようにして水分を取り除きます。

プロテクト

  1. ワックスまたはコーティング: 洗車後はワックスやコーティング剤を塗布し、花粉が付着しにくい表面を作ります。また、次回の洗車がしやすくなるという利点もあります。

窓ガラス

  1. 専用クリーナー: 窓用のクリーナーを使ってガラス面の花粉を除去します。
  2. 撥水コーティング: 花粉が水とともに流れ落ちやすくなるよう、撥水コーティングを施します。

フィニッシュ

  1. タイヤとホイール: ホイールにも花粉が付着している可能性があるため、専用クリーナーで洗い上げます。
  2. 再点検: 洗車後はすべての箇所に花粉が残っていないか

を再点検し、必要であれば部分洗いを行います。

定期的なケア

  • 花粉の季節は頻繁に洗車が必要になりますが、毎日ではなく週に一度程度の洗車を目安にすると良いでしょう。毎日のケアとしては、水拭きや撥水スプレーを使ったお手入れをすることが推奨されます。

これらのステップを踏むことで、花粉の季節における車のメンテナンスを適切に行うことができます。花粉が特にひどい日は、洗車を控えるか、プロの洗車サービスを利用するのも一つの手段です。

タイトルとURLをコピーしました