夏の洗車で気をつけ事や適切な洗車方法とは

夏の洗車で気をつけ事や適切な洗車方法とは 洗車
スポンサーリンク

夏の洗車においては、単に車を清掃すること以上の意味を持ちます。夏特有の高温や強い紫外線などは車の塗装やインテリアにダメージを与えるため、これらを防ぐための対策も含めた洗車方法が推奨されます。以下に、より詳細な情報を含めた夏の洗車方法について説明します。

直射日光を避ける重要性

直射日光の下で洗車を行うと、洗剤が速く乾燥してしまい、水垢や洗剤の跡が残りやすくなります。また、車の表面温度が上昇し、塗装に損傷を与える可能性があります。理想的なのは屋根がある洗車スペースを使用することですが、ない場合は早朝や夕方など、日差しが弱まる時間帯に洗車することが望ましいです。

洗車ステップ詳細

  1. 予洗い:
    • 予洗いは洗車キズを防ぐための重要なステップです。車全体に水をかけ、大きな汚れを落とします。
  2. ホイールの洗浄:
    • ホイールは塗装面とは異なり、ブレーキダストや油分が付着しているので、専用のクリーナーを使い、ブラシで丁寧に洗浄します。
  3. シャンプー洗車:
    • 専用のカーシャンプーを使用し、泡立てて洗います。ここで使うスポンジやウォッシュミットは清潔であることを確認しましょう。
  4. すすぎ:
    • ホースを使って、シャンプーを完全に流し去ります。シャンプーの残留物は塗装面を傷める原因になります。
  5. ドアの開口部や隙間の洗浄:
    • ドアの内側やトランクの開口部も汚れが溜まりやすいので、忘れずに洗浄します。
  6. 水切りと乾燥:
    • ワイパーの水切りを行い、水滴を残さないようにマイクロファイバータオルで丁寧に拭き取ります。
  7. ワックスまたはコーティング:
    • 乾燥後、UV保護成分入りのワックスやコーティング剤を塗布します。これにより塗装面を保護し、光沢を持続させます。
  8. 窓ガラスの洗浄:
    • 専用のガラスクリーナーを使って窓を清潔に保ちます。水垢や指紋が残らないように注意しましょう。
  9. インテリアの保護:
    • UV保護成分を含んだインテリア専用のクリーナーでダッシュボードやドアの内張りを拭き上げ、紫外線によるダメージを防ぎます。
  10. タイヤの保護:
    • タイヤ専用の保護剤を塗布して、ヒビ割れを防ぎ、見た目の艶を出します。

注意点と補足

  • 夏の虫の死骸や鳥の糞は塗装を傷める原因になるので、早めに専用のクリーナーで除去します。
  • 塗装を傷める可能性のある高圧洗浄機の使用には注意が必要です。特に、塗装が剥げやすい部分やシール部分は避けるべきです。
  • 砂やほこりが多い場所での洗車は、洗車キズを発生させる可能性があるため、環境を考慮して洗車場所を選びます。

まとめ

夏の洗車は、車の保護と見た目の維持のために、特に細心の注意が必要です。塗装の保護を最優先に考え、適切な製品選びと丁寧な手順を踏むことで、愛車を夏の過酷な環境から守ることができます。定期的な洗車と保護処理は、長期的に車を新品同様の状態に保つ秘訣です。

タイトルとURLをコピーしました